本庄たぬき 辻九

経営理念
蕎麦で笑顔と健康と活力を!


代表 天野稔也

創業 1978年11月 先代(父)が岩槻辻九本店からのれんわけで開業

手打の蕎麦・うどん 天ぷらを売り物にしています。

 

蕎麦粉は北海道幌加内産を中心に配合した石臼挽き粉
1部を手挽きで製造

 

うどんは国産小麦とオーストラリア産の物とを配合し

備前海塩使用の熟成と足踏みを重ねた麺

 

天ぷらには 海老と旬野菜を使用し揚げ油には太白胡麻油と麺実油を使用

 

2007年にリニューアルし看板メニューの

本庄たぬきが登場 サブタイトルに『本庄たぬき』と付け

 

「本庄たぬき 辻九」として生まれ変わりました。  

 

現在、ご近所さま問屋さん沢山の仲間達に支えられ営業中