鴨の旨味を存分に楽しんでほしい

辻九のもうひとつの名物といえばこちらの「きざみ鴨せいろ」。

横浜のお蕎麦屋さんである平沼田中屋さん直伝のお料理、独特な形の器は、口を狭くすることで汁の上部に油層が厚くでき、温かいまま、そばと鴨の旨味がたっぷりと絡むようにしております。

きざみ鴨せいろ

鴨の脂分は上質で旨味が強く、おそばとの相性も抜群です。この脂の旨味を活かした商品はできないものかと、3年の歳月をかけ、試行錯誤の末完成したメニューが「きざみ鴨せいろ」。

あえて鴨肉をきざむことで、食べやすくなり、旨味を最大限に凝縮した汁につけて食べたときのおそばの味は、ほかに例えようがない旨さ。思わず笑みがこぼれます。

 

 

きざみ鴨せいろに使っているこちらの白い器、実はこのニューのために特別に作ったもの。器全体はやや小柄、口の部分を狭くしたのには理由がありまして、表面に鴨脂の層をつくって濃厚な汁をいつまでも温かくするため。

また、器を小さくすることで、濃厚な鴨汁を実現しています。


※きざみ鴨せいろは平沼田中屋様の登録商標です。